【2022年5月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカットに関する最新情報まとめ!証拠金維持率&ロスカット回避方法も網羅

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット

GEMFOREXでは、証拠金維持率が20%以下になるとロスカットが発動します

ロスカットとは、保有しているポジションの損失が一定の値を下回った時に、自動的にこのポジションを決済されるシステムのことです。

この記事では、ロスカットの執行方法を回避するための3つの方法や、ロスカット水準の他社比較について、詳しく解説していきます。

また、「そもそもロスカットの仕組みが分からない」という方のために、ロスカットの仕組みについても具体例を交えながら分かりやすく解説します。ロスカットの執行に悩まされている方や、FXでのトレードを始めようと検討している方の参考になれば幸いです。

そもそもロスカットとは?

ロスカットとは、ポジションのダメージが一定以上になると自動的にポジションを決済するシステムのことです。

このシステムは、トレーダーの損失が拡大してしまうことを防ぐためのものです。

ロスカットは証拠金維持率により決定されます。証拠金維持率とは、ポジションを保つために必要な資金に対する口座内の資金の割合のことです。

証拠金維持率=100×証拠金÷(取引額÷最大レバレッジ)

詳しくは、上の公式で証拠金維持率を計算することができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の強制ロスカット水準は20%

GEMFOREXは、証拠金維持率が20%以下に達した時点で強制ロスカットが作動する仕組みになっています。

例えば、1ドル=100円の相場で1ロット分の買い注文をしたとしましょう。

口座には、口座開設ボーナスの2万円が入っているとします。

その場合、

1lot=10万通貨=10万ドル=1000万円なので、

証拠金維持率=100×証拠金÷(取引額÷最大レバレッジ)

20%=100×証拠金÷(1000万円÷1000倍)

20%=100×証拠金÷1万円

したがって、証拠金=2000円 となります。

つまり証拠金が2000円を下回った場合、証拠金維持率が20%以下になったことを意味するので、強制ロスカットが執行されるということです。

最低でも証拠金が2000円は残るので、20,000円-2,000円=18,000円の損失に抑えられるということですね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でロスカットの回避方法

GEMFOREXのロスカットは、私たちトレーダーの損失を抑えるために作られている仕組みなのですが、出来る限りは避けたいものですよね。

ここでは、強制ロスカットの回避方法について解説します。

低レバレッジで取引する

1つ目は、低レバレッジで取引することです。

「最大レバレッジが高い方がロスカットを防げるのでは?」

と考える方もいるかもしれません。

確かに、”最大”レバレッジが高い方がロスカットはされにくくなります。

しかし、”実効”レバレッジは低い方がロスカットを防ぐことができるのです。

実効レバレッジは、取引額に対する有効証拠金の事で、取引額÷有効証拠金 で求めることができます。

例えば、GEMFOREXで100万円を入金して1000万円分の取引をした場合は、

実効レバレッジ=1000万円÷100万円=10倍 となるということです。

そもそもロスカットとは、レバレッジがかけられなくなる直前に発動するシステムの事を言います。

そのため、実効レバレッジが低い取引を行うことで、ロスカットを回避することができるのです。

逆指値注文をしておく

2つ目は、指数値注文(損切り注文)を強制ロスカット前に入れることです。

FXのトレードは、ポジションを有した時点でロスカットラインが決定しますよね。

このロスカットラインより前に損切り注文を設定すれば良い話だということです。

誰でも分かるような内容ですが、損切り注文を入れていない人が大半を占めています。

急な上昇や下落により、常にチャートを見張っていたはずなのに強制ロスカットされてしまった、というケースが多いのが実情です。

初めから損切り注文を入れておくようにしましょう。

口座に追加入金をする

3つ目は、資金を追加入金することです。

FXで資金追加を行うことは、「追証」と呼ばれています。

「おいしょう」と読みますが、追加証拠金(ついかしょうこきん)の略語です。

資金を追加すると証拠金が増し、証拠金維持率に余裕が出来るためロスカットを回避することができます。

ですが、この方法はなるべく避けたい荒技です。

資金を増やす目的で行っているためにFXをやっているのに、この方法では資金の損失が大きくなってしまいます。

GEMFOREXはゼロカットシステムを採用しているので、口座内の赤字は取り消されます。

資金を追加せず赤字になっても、追証して赤字になっても、結局は両者ともゼロになります。

わざわざ追証を入金してまで自分の損失を大きくするのは勿体ないですよね。

資産を増やす目的で行っているFXで、自分から損失を作りにいっていては本末転倒です。

なるべく低レバレッジでの取引と逆指値注文(損切り注文)でロスカットを防ぎ、追加入金はあくまで最終手段だと考えましょう。

基本的には上記の3項目さえ抑えておけば、ロスカット執行の心配はありません。

低スプレッドで損切り注文を入れた方は、ロスカットの心配はせず、安心して安心して取引を行いましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット【他社比較】

以下の表は、GEMFOREXと他社FXのロスカットとマージンコールの基準を示したものです。

マージンコールとは、ロスカットが近づいた時に通知してくれるアラームの事です。

FX業者ロスカットマージンコール
GEMFOREX20%50%
XM20%50%
TitanFX20%90%
AXIORY20%50%

TitanFXだけ、マージンコールの水準が高くなっていますが、それ以外はロスカット20%、マージンコール50%が海外FXの一般的な水準のようです。

国内FXでは、ロスカット水準が50%である業者が多いので、海外FXはロスカット水準が低いと言えるでしょう。

最大レバレッジが高ければ、ロスカット水準を低くすることが可能です。

GEMFOREXの最大レバレッジが1000倍であるのに対し、国内FXはレバレッジ25倍までに規制されています。

そのため、GEMFOREXなどの海外FXは、国内FXよりも圧倒的に低いロスカット水準を実現できるのです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカットまとめ 

いかがでしたでしょうか。

GEMFOREXでは、証拠金維持率が20%を下回ると執行されます。ロスカットの執行を防ぐために、まずは低レバレッジで取引を開始するようにしましょう。

また、取引開始後には損切り注文を入れていますか?

損切り注文を忘れる人が多いので、取引の開始時には必ず損切り注文を入れる癖をつけておきましょう。

資金の追加入金、通称「追証」は最終手段です。

確かに追証をすればロスカットを回避することはできますが、資金の損失を増やす原因となってしまいます。

なるべく避けるようにしましょう。

GEMFOREXなどの海外FXでは、証拠金維持率20%以下でロスカットが執行されることが多いですが、国内FXでは多くの場合50%以下で執行されます。

また、GEMFOREXはゼロカットシステムにより借金の心配はゼロです。

是非、GEMFOREXで取引を始めてみてください。

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら