【2022年12月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンスは信頼できる?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンス

GEMFOREXは最大級の海外FX業者で、口座開設数は70万件を突破しています。信頼性もトップクラスで、FX初心者にもぴったりな「GEMFOREX」なのですが、金融ライセンスの観点では弱かった過去があるのです。

GEMFOREXは2014年にサービスを開始してから4年間、金融ライセンスを取得していませんでした。しかし、2017年半ばに金融ライセンスを取得して、信頼性をより上昇させたのです。

この記事では、そんなGEMFOREXの金融ライセンスについて詳しく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンスは信頼できる?

「GEMFOREXは、金融ライセンスを取っていないから信頼できない」という評判を聞いたことはありませんか?

しかし、GEMFOREXは金融ライセンスを取得しているFX業者の中でもトップクラスの信頼性を誇ります

確かにGEMFOREXが金融ライセンスを取得していなかった時代もあったのですが、2017年には金融ライセンスを取得しているのです。

GEMFOREXが取得している金融ライセンスについて、詳しく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は金融ライセンスを以前は取得していなかった

GEMFOREXは、創設された2014年から2017年半ばまで、実は金融ライセンスを持っていませんでした。

金融ライセンスを取得せずに約4年間運営してきたGEMFOREXは、2017年7月にようやく金融ライセンスを取得します。

取得した金融ライセンスは、GEMFOREXの本拠地であるニュージーランドの金融ライセンスであるFSP(Financial Service Provider)です

このFSPの取得により、GEMFOREXは待望の金融ライセンスを得ました。

GEMFOREXは、可能な限り自社の信頼性をアピールしたいと考えているため、金融ライセンスの取得には多大な努力をしたようです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は金融ライセンス「FSP」を取得している

FSPの信頼性は、いくつかの点で確かに脆弱であると言えます。

ニュージーランドで発行されている金融ライセンスには、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つ目は、FMA。

ニュージーランド政府の金融庁が発行したものです。

2つ目は、FSP。

GEMFOREXが取得しているFSPは、ニュージーランド証券投資委員会が発行しています。

以上のことからわかるように、FSPは政府が直接管理する組織が発行する金融ライセンスではありません。

もちろん、政府の直轄ではないからといってその信頼性が疑われると考えるのは早計です。

しかし、「FSPは政府が発行する正式な金融ライセンスではないので、信頼性はそれほど高くないのではないか」とユーザーが想像してしまうのも仕方ないことかもしれません。

GEMFOREXは6年間も金融ライセンスを取得せずに営業しており、ようやく取得した金融ライセンス「FSP」の信憑性も低いため、GEMFOREXの安全性に疑問が残っていることは否めません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンス「FSP」とは?

FSPはニュージーランド証券投資委員会が発行するものであり、政府直轄の金融庁が発行するものではありません。

政府が直接管理しているわけではありませんが、FSPに登録するためには以下のような一定の要件があります。

  • ニュージーランドにオフィスがある
  • オフィスにコンプライアンスマネージャーを配置
  • クライアントの管理はニュージーランド国内のオフィスで行う
  • 会社法に基づいてニュージーランドの会社として登録されている

FSPの信頼性や安全性について一概には言えませんが、金融ライセンスを持っていないよりは確実に良いでしょう。

少なくともGEMFOREXは、金融ライセンスを取得して安全性をアピールする姿勢があるようです。

海外FX業者の中にはいまだに金融ライセンスを持っていないところもあるので、GEMFOREXが金融ライセンスを取得していることは評価すべきでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は金融庁から警告を受けている

GEMFOREXは、日本の金融庁からの警告を受けています。

それには海外FX業者ならではの理由がいくつかあるのですが、だからといって法律違反だというわけではありません。

あくまで「警告」を受けているだけなので、あまり重く受け止める必要はないでしょう。

もちろん、日本人がGEMFOREXなどの海外FX業者を利用することは何も問題ありません。

日本の金融庁には非登録

日本の金融庁からの警告を受けているのは、GEMFOREXだけではなく多くの海外FX業者も当てはまります。

日本の金融庁に登録すれば警告を受けることなく運営することができるのですが、GEMFOREXを含む海外FX業者が登録しないのは大きな理由があります。

それは、日本の金融庁に登録すると海外FX業者が誇る魅力のほとんどが規制されてしまうためです。

海外FX業者業者が日本の金融庁に登録すると、国内FX業者と同じような規制を受けることになります。

そのため、以下のようなことができなくなってしまうのです。

  • 25倍以上のレバレッジ
  • ゼロカットシステムによる追加証拠金の消滅
  • 豪華なボーナスキャンペーン

ハイレバレッジ・ゼロカットシステム・ボーナスは、海外FX業者を利用する上で欠かせません。

それらのメリットがなかった場合、海外FXと国内FXはさほど大差がなく、海外FX業者を利用する人も減っていくことでしょう。

そこまでして日本の金融庁からの許可を受けるのは本末転倒なので、今のような状況になっているです。

金融庁は日本人向けの業者という見解

金融庁が日本で警告しているFX業者のほとんどは、日本人にサービスを提供することを前提とした海外FX業者です。

ほとんどの海外FX業者は、公式サイトで日本語を公開しています。

その中でも、特にGEMFOREXは4人の経営者のうち3人が日本人で、公式サイトも美しい日本語です。

GEMFOREXの公式サイトにも「Made in Japan」と書かれており、日本人のためのサービスであることは否定できません。

GEMFOREXが日本の金融庁から警告を受けたのも不思議ではないことなのです。

しかし、GEMFOREXは「日本人向け」にサービスを公開しているという見解は示しておらず、あくまで「海外FX業者」としてサービスを公開しています。

海外在住の日本人が利用できるように日本語で説明を掲載するのは不思議ではありません。

もちろん、日本人が海外のFX業者を利用することには何の違法性もないので安心してくださいね。

海外FX業者が「日本人向け」にサービスを公開するのが問題なのであって、日本人が勝手に利用する分には何も問題ありません。

そのうえGEMFOREXは日本人向けにサービスを公開しているという見解を示していないのですから、問題点は何もないのです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンスまとめ

いかがだったでしょうか?

GEMFOREXは金融ライセンス「FSP」を取得していますが、強い金融ライセンスとはいえません。

しかし、今も海外FX業者の最前線を走り続けているGEMFOREXの信頼性は明らかでしょう。

金融ライセンスの取得の有無や取得している金融ライセンスの強さも重要なのですが、他にも重要な観点はたくさんあります。

実際に利用してみて、自分が「信頼できる」と感じたFX業者を利用するのが最善といえるでしょう。

ABOUT US
海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら