【2021年9月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXのスワップポイントとは?【FXの基礎知識】

FXで利益を出す方法は以下の2種類あります。

  • 為替差益による利益
  • スワップポイントによる利益

この記事では、スワップポイントについて解説していきます。これからFXを始める方は是非参考にしてみてください。

FXのスワップポイントとは?

FXのスワップポイントとは、各国の通貨の間に政策金利の差があった場合に生じる差益のことをいいます。そのため、低金利の通貨で高金利の通貨を購入すれば、効率よくスワップポイントを獲得することができます。

例えば、ドル円の場合は、日本円の政策金利が0.1%、米ドルの政策金利が3.5%だったとします。この金利差がある際に日本円で米ドルを購入すると、2.4%の金利差(スワップポイント)を獲得することが可能です。ちなみに、この金利差から生まれる利益(スワップポイント)は、毎日受け取れることができるのです。

要するに、日本円よりも金利が高い他の国の通貨を持っておく方が、保有しているお金に対してスワップポイント(金利)がつくのでお得です。

ただし、スワップポイント狙いの取引にもリスクはあります。相場変動によって、通貨の価値が下がってしまうこともあるので、スワップ金利以上に損失が出てしまうこともありえます。

しかし、こういったリスクは下記の方法で軽減することができます。

スワップ金利を効率よく得る方法

前述したリスクを減らして、効率的にスワップ金利を得る方法とは、「1つの通貨に依存せず、複数の高金利な主要通貨を保持することです。

例えば、ドル円以外にも、ユーロドル・ユーロ円・ポン円・オージー円・オージードルなどのように、低金利通貨で高金利の強い通貨を同時に複数購入しておくのです。そうすることによって、為替リスクを抑えられることができます。

他国の通貨の価値が下がれば、その反動で別の国の通貨価値が上がります。そのため、すべての通貨が同時に下がってしまったということは考えづらいため、為替リスクを抑えられることができます。

このように、高金利な主要通貨を複数保有しておけば、為替のリスクを軽減することができ、スワップポイントもしっかりと受け取れるようになるのです。

スワップポイントでおすすめの業者を紹介!

スワップポイント狙いでFX投資をする際は、上記のような為替リスクを格段に減らすことも大事ですが、他にもスワップポイントの高いFX口座を利用することもかなり大事です。なぜならば、毎日スワップポイントによって得られる金額は、FX口座によって大きく異なるからです。

例えば、ドル円を10万通貨購入したとしても、付与されるスワップポイントは、A口座では600円、Bという口座では300円などということもあります。1日単位でこれほどの差が出るため、長期で保有すうるとなるとだいぶ変わってきます。

スワップポイントが高い口座を選ぶことは長期投資なら必須となるので、是非とも強く意識してください。

そんなスワップポイントの高いFX口座でおすすめの海外FX業者は、XMとiFOREXです。この2社であれば、高いスワップポイントを毎日得ることができるでしょう。

そんなXMのスワップポイントについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

そんなiFOREXのスワップポイントについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

iFOREXのスワップポイント

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら