【2021年9月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXのRSIを徹底解説!使い方も【FXのテクニカル分析】

FXでは、RSIというテクニカル指標を利用することができます。

  • FXのRSIってなに?
  • RSIの使い方が知りたい!

そんなRSIに対してこのように思われる方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では、FXのRSIについて徹底解説していきます。RSIの使い方についても合わせて解説していくので、是非参考にしてみてください。

FXのRSIとは?

RSIとは、Relative Strength Indexの略称で、買いと売りのバランスを相対的に見てグラフ化することによって相場の強弱を把握することができるテクニカル指標です。ウェルス・ワイルダーという人物によって開発した手法で、買われすぎ・売られすぎを判断するのに活用できます。

RSIは、チャートの数値が一定範囲(0~100など)でいったりきたりする値動きを基に算出されていますが、その値上がり幅が値下がり幅よりも大きければ50のラインを上回ります。逆に、値下がり幅が値上がり幅よりも大きければ50のラインを下回ります。

つまり、50のラインより上、下どちらにいるかによって相場の強弱が把握できるというわけです。50のラインを上回っていれば買いの方が優勢で、50のラインを下回っていれば売りの方が優勢ということになります。

そして、70のライン以上にいれば買われすぎのシグナルとなり、30のライン以下にいれば売られすぎのシグナルということなります。

RSIの使い方

RSIの使い方として、ここからは2つの方法を解説していきます。

最も簡単なRSIの使い方

RSIの使い方として最も簡単な方法は、70~80のラインにいくとを買われ過ぎ、20~30のラインにいくとを売られ過ぎの基準として、相場の行き過ぎから反転する可能性が高いと予想する方法です。つまり、RSIが70~80のラインを超えてきたところで逆張りの売り、30~20のラインを割り込んできたところで逆張りの買いとなります。

しかし、この使い方のデメリットは、大きなトレンドとなる初動の値動きではトレンドの発生から初期段階でRSIが急激に反応し、買われすぎ・売られ過ぎの水準に留まり続けるということです。

このような場合は、RSIを逆張りのシグナルとしてエントリーしても、相場はなかなか反転しないため注意が必要です。

ダイバージェンス

レートが新高値や新安値をつけたにもかかわらず、RSIの方はその前後に高値や安値を更新できなかった場合、RSIのダイバージェンス・パターン(逆行現象)となります。これは、相場転換の可能性を示唆しています。

値段がある程度動いたことによって、ポジションを手仕舞いするために反対売買が増えたり、相場が逆転する可能性が高いと予想して逆張りの新規売買が増えたりすることによって、値幅拡大が引き起こす現象で、トレンドの大転換となることがあります。

まとめ

FXでは、RSIを利用することによって、利益を積み上げていくことが可能です。RSIだけに頼るのではなく、他の手法と合わせて取引をしていきましょう。

いきなりRSIを試すよりは練習してからエントリーしたいという方は、海外FXボーナスがおすすめです。海外FXボーナスであれば、口座を新規で開設するだけでボーナスがもらえるため、そのボーナスを使って取引をすることも可能です。

入金ゼロで取引できるため、是非海外FXボーナスを利用してRSIを試してみてください。

海外FX歴10年以上になる管理人が、おすすすめの海外FXボーナスについて以下の記事にまとめてみました。海外FXボーナスを利用してお得に取引したいという方は是非参考にしてみてください。

海外FX業者のボーナス比較

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら