FXのMACDとは?見方と使い方を解説【FXのテクニカル分析】

FXを始めていくうちに、

  • 相場がどういう状況の時に買えばいい?
  • いつ頃が売り時なの?

というように悩まれる方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな時に便利なのが「MACD」というテクニカル指標になります。MACDとは、買うタイミングや売るタイミングの見極めに非常に便利な指標で、多くのトレーダーが活用しています。

この記事では、そんなFXにおけるMACDの見方や使い方などを解説していきます。これからMACDを使って取引したいという方は、かなり参考になる記事となっているので是非最後までご覧ください。

FXのMACDとは?

MACDは、「マックディー」と呼ばれており、過去のデータよりも最近のデータを重要視した指標となっています。そのため、市場の流れを反映するスピードが早く、エントリーのタイミングを逃しにくいという特徴があります。

特に、威力を発揮するのはトレンドが形成され始めた時になります。よって、移動平均線などでトレンドの流れを把握しながらMACDも併用するというような使い方が効果的です。

FXのMACDの見方

それでは、MACDを活用した相場予測をしていきましょう。相場を眺めていると、MACDとシグナルがクロスするポイントがあります。

MACDがシグナルを上に突き抜けていれば、「ゴールデンクロス」という状態になります。ゴールデンクロスとは「買い」のサインという意味で、相場が上がる可能性が高いことを指しています。

反対に、MACDがシグナルを下に突き抜けていれば、「デッドクロス」という状態になります。デッドクロスとは「売り」のサインという意味で、相場が下がる可能性が高いことを指しています。

FXのMACDの使い方

MACDにおける基本的な概念を解説してきました。ここからは、FXのMACDの使い方について解説していきます。MACDは、ただ単に「上に突き抜けていたら買いエントリー」「下に突き抜けていたら売りエントリー」というのではなく、以下の要素も組み入れることでより精度が高まります。

相場状況

移動平均(相場全体がどのように推移しているか)を考慮します。

ゴールデンクロスやデッドクロスが発生した位置

ゴールデンクロスは下の方、デッドクロスは上の方で発生した方が、インジケーターの信頼度は高いです。なぜならば、ゴールデンクロスが上の方、デッドクロスが下の方でそれぞれ発生した場合、すでにトレンドが終わりかけていることが多いからです。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら