【2021年8月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXのヘッドアンドショルダーとは?【FXのテクニカル分析】

FXのテクニカル分析をする上で、是非とも知っておいていただきたいのが「ヘッドアンドショルダー」です。

  • FXのヘッドアンドショルダーってそもそも何?
  • ヘッドアンドショルダーの見方がわからない

そんなヘッドアンドショルダーについてこのように思われている方は多くいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、FXのヘッドアンドショルダーの概要や見方について解説していきます。

FXのヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダーとは、ヘッド(頭)とショルダー(肩)から形成されているテクニカル指標です。わかりやすいように画像を用いて解説していきます。

ヘッドアンドショルダーの形

上記の図のように、赤○がヘッドで、緑○がショルダーになります。

ヘッドアンドショルダーは、相場の高値圏で出現した場合にトレンドの転換が意識されます。目安はネックラインから高値までの値幅です。

青い水平線がネックラインになりますが、形によってはネックラインの引き方が若干異なる場合もあります。

FXのヘッドアンドショルダーの見方

ここからはヘッドアンドショルダーの見方について解説していきます。

ヘッドアンドショルダーの見方で大事なのは、チャート上に「ネックライン」を引いてみることです。ネックラインとは、ヘッド(頭)とショルダー(肩)に対してネック(首)のように見える部分に引かれることから名付けられています。

ネックラインが重要な理由は、そのラインが「レジスタンス」や「サポート」の役割をすることが多いからです。つまり、ネックラインにローソク足がタッチすると、多くのトレーダーが売りや買いを仕掛けてくるため、価格が動きやすくなるポイントになります。

もし、ヘッドアンドショルダーを発見したら、トレンドが終わるのか、もしくは元のトレンドに戻っていくのかを意識してください。

普段、5分足をメインでトレードしている方なら「30分足」や「1時間足」、30分足・1時間足をメインでトレードしている方なら「4時間足」や「日足」というように、それぞれ時間足のチャートで、トレンドの方向を確認しましょう。

FXのヘッドアンドショルダーまとめ

チャート上でヘッドアンドショルダーが現れた場合は、ネックラインと組み合わせると、かなりの確率で大きなチャンスになることが多いです。

しかし、「必ずネックラインで反発する」と思い込まないことが重要です。ヘッドアンドショルダーに限ったことではありませんが、テクニカル分析ではあくまでも「そうなる可能性が高い」という認識をしましょう。

なお、海外FXで稼ぎたい方は、プロトレーダーオペラがおすすめする忖度なしの海外FX業者ランキングでおすすめ順にランキング形式で公開していますので、そちらを是非参考にしてください。

もう一つ、海外FXボーナスを上手く利用してトレードしたい方は、海外FX ボーナスを全58社で徹底比較!口座開設ボーナスや入金ボーナスも個別解説も公開中です。こちらも合わせて参考にして下さいね。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら