【2021年10月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXと為替の違いを徹底解説!【FXの基礎知識】

FXと為替の違いがわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。「FXも為替も聞いたことがある言葉だけど、意味がわからない」という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、FXと為替の違いを徹底解説していきます。また、FXと為替レートの関係性や国際決済通貨として多くのトレーダーから注目されているドル円の相場についても合わせてご紹介してます。

FXと為替の違い

FXとは、「Foreign Exchange」の略称であり、日本語で「外国為替証拠金取引」を意味します。外国の通貨を売買することで利益が生まれたり、逆に損失が発生したりする取引のことです。

FXに関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

反対に、為替とは、売買代金の受払いや資金の移動を現金を輸送することなく行う手段のことをいいます。為替は歴史が古く、日本では江戸時代に発達しました。そんな「通貨の交換」を伴うのが外国為替になります。

商品の輸出入や外国証券など、多くの国際的な取引は外国為替を利用して行われます。取引は、まずどの通貨で金銭の受払いをするか(決済通貨)を決めて、外国の通貨と交換しなければなりません。このような通貨の交換を伴うことが、外国為替の特徴です。そんな通貨を交換するための市場を外国為替市場といい、通貨の交換比率を為替レートといいます。

そんな外国為替を売買するやり方として、以前は、ディーラーに依頼をして行うことが一般的でした。そのため、個人で為替の売買を通して自己資産を増やすという方法は滅多にありませんでした。

個人が為替売買を行って利ざやを稼ぐというやり方がなく、企業が資産を増やすために為替の売買を行うというものに限っていたのです。かつて、為替相場取引による資産運用が行われていなかった理由として固定相場だったころは資産の運用のしようがなかったことがあげられるでしょう。

しかし、変動相場に移行した今では為替は常に変動しています。そのため、現在では、FXを利用することで、個人の為替取引が行えるようになりました。ネット環境に接続できれば、希望の通貨が売買できますし、リアルタイムで相場を見ることができます。スマホにFX用のアプリを入れて置けば外出先からでも売買の操作ができますし、相場の推移に合わせて取引の自動化指示も可能です。

為替の推移を確認できるだけでなく、予測や分析ができるツールや売買のタイミングをガイドしてくれるようなツールもあるのです。

為替推移は、さまざまな要素に影響を受けて上がり続けたり、いきなり下がったり、レンジになったりするものです。為替相場の推移は、政治家の動向や金利の引き上げなど色々な要因が絡んでいるため、専門家でも予想が難しいのです。

しかしこのようなツールがあることで、FXをしたことがない方でも、便利なツールを活用することで、効率的に資産を運用することができるでしょう。

FXと為替レート

FX為替取引をする時に重要となるのが、為替レートになります。為替レートは、国家間の経済的な関係や社会情勢などによって変わってきます。FXの場合、この為替レートによって自分の買いたい通貨、売りたい通貨の状況を見極め、売買する必要があるのです。

また、取引が成立するには為替レートや取引量などの前提が合致している必要があり、これを相対取引といいます。FXの相対取引は、世界各国のマーケットで常に行われています。為替レートと言うのもひとつだけではなく、いろいろなレートがあります。同じ通貨同士なので同じ為替レートかといえば、決してそうではありません。

その通貨に対する需要と、国から発行する通貨の供給量などに応じて相場は決まることから、状況に大きく左右されるのです。例えば、自分はユーロをかなり保有しすぎているから、少し安くてもいいので早くまとめて売ってしまいたいと言う人もいれば、多少時間がかかってもいいので条件のいいときにユーロがほしいという人もいます。

為替レートは、FXでは非常に重要な意味合いがありますが、実際の売買ではそのレートとは限らないようです。

ちなみに、FXではドル円のレートを見ることが大事になってきます。為替取引を貿易や資本などについて行う場合に利用されるのがドルなので、ドル=国際決済通貨といえるため、多くのトレーダーが参考にしています。そのため、ここからはドル円の相場について解説します。

ドル円の相場

円相場は、ドルやユーロとの比較で表しますが、特に米ドルに対する円の相対価値で表します。ドル円の為替比率はそれぞれの通貨の需要と供給の関係で決定されることになります。ドルと円の需要と供給のバランスが変われば、ドル円の為替相場も変化するのです。売買のタイミングを見計らってすることで、為替差益を得ることが可能なのはドル円のレートは日々動いているためです。

銀行間の取引相場のことを指すのが、ニュースなどで表示される円相場です。各銀行やFX会社が相場を基本として決定した為替レートに基づいて決められるのが、ドル円の交換比率になります。為替レートからドル円の計算をするには掛け算もしくは割り算をします。

ドルを円に直す場合は為替レートにドルを掛け、円をドルに直す場合は円を為替レートで割ります。
近年では、円を準備通貨とすることも求められるようになり、これまでは外貨準備=ドルが中心でしたが、為替相場でドル円では円の力もだんだん強くなってきています。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら

『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』
海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXおすすめランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら