【2021年8月更新】海外FXでボーナスキャンペーン開催している業者一覧

FXのチャネルラインを徹底解説!引き方も紹介【FXのテクニカル分析】

FXのチャネルラインとは、2本のトレンドラインを平行に引いたテクニカル分析です。

  • FXのチャネルラインの引き方がわからない
  • どういう時にチャネルラインは役立つの?

そんなFXのチャネルラインについてこのように思われている方は多くいらっしゃるでしょう。

一般的に相場のトレンドに合わせて取引することを順張り、相場の転換点を狙う取引を逆張りといいますが、チャネルラインは主に順張りで使われることが多いです。

この記事では、そんなチャネルラインについて徹底解説していきます。これからFX初心者の方やまだ取引に慣れていない方が、相場のトレンドを上手く分析できるように、チャネルラインの引き方についてもご紹介していきます。

これからFXで勝つためのスキルを手に入れたいという方は、この機会にチャネルラインの使い方を覚えておきましょう。

FXのチャネルラインとは?

冒頭でも述べた通り、FXのチャネルラインとは、2本のトレンドラインを平行に引いたテクニカル分析のことです。このチャネルラインをチャートに引く時は、ローソク足の高値と高値や安値と安値の組み合わせ2点間を1本の線を結び分析するのです。

高値と高値同士や安値と安値同士を1本の線で結ぶと必ず傾きが発生します。その傾いたトレンドラインの角度を平行に移動させるとチャネルラインの完成です。

一般的には、2本の線を合わせて「チャネルライン」といいますが、1本の線のみで分析する時は「トレンドライン」になるのでよく覚えておきましょう。

ちなみに、チャネルラインは、ツールを利用することで簡単に引くことができます。

チャネルラインの引き方

それでは、チャネルラインの引き方について実際のチャートを用いて解説していきましょう。

なお、下降の場合には、高値と高値を合わせて引いていきます。一方で、上昇の場合には安値と安値を引いています。

FXのチャネルライン

上記の図のように、トレンドラインと平行に引きます。あくまで、このチャネルで推移していくだろうと目安にしていきましょう。

トレンドラインを引く際は、綺麗に引けるところを見つけることを意識してください。実際にトレンドが出始めたときは、トレンドラインの角度が定まらず徐々に角度を変えながら、チャネルを形成していくことも少なくありません。

FXのチャネルラインまとめ

ここまでで、FXのチャネルラインについて詳しく解説してきました。実際のチャートでもチャネルラインを引く練習をすることが大切です。

なお、どのFX業者で取引していいかわからない方は、プロトレーダーオペラがおすすめする忖度なしの海外FX業者おすすめランキングでランキング形式に公開していますので、そちらを是非参考にしてください。

もう一つ、海外FXボーナスを上手く利用してトレードしたい方は、海外FX ボーナスを全58社で徹底比較!口座開設ボーナスや入金ボーナスも個別解説も公開中です。こちらも合わせて参考にして下さいね。

この海外FX記事の執筆者プロフィール

海外FXバンク(編集長オペラ)
海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。

海外FX初心者が正しい情報を得て海外FXを始められるように、海外FXの仕組みや口座開設の方法、みんなが気になる海外FX業者のランキングや最新のキャンペーン情報などをユーザー&トレーダー目線でわかりやすく解説しています。

特定の海外FX業者にかたよることなく、フェアに解説することを目的に運営しています。主に海外FXランキングや、海外FXボーナスに関するまとめ、海外FXスプレッド比較、レバレッジ比較などの比較形式でも情報をまとめています。 → この海外FX記事を書いた人のプロフィールはこちら